不動産売却で必要な基礎知識「簡易査定」と「訪問査定」について

  • 不動産売却をする上で、必ず頭に入れておきたい基礎的な知識というものが存在します。
  • 今回、ここで取り上げるテーマは、その1つである査定の方法について。 具体的には、訪問査定と簡易査定について。
  •  
  • この2つを上手に使い分けることで、不動産業者の比較がスムーズに進む場合もあります。
  • その理由も踏まえ、早速、以下よりお話をしていきたいと思います。
  • 売却する場合、必ず通る道のため、ぜひとも一読してみてください。
  •  
  • ■簡易査定は「とりあえず」の査定額が分かる

  • 簡易査定については、言葉通りで非常に簡単な査定のことを指します。 様々な方法で行うことができますが、大きくはメールと電話の二つに分けることができます。 いずれも、ただ単純にヒアリングを行って、大凡の査定額を出すだけです。
  •  
  • したがって、精度は低いものの、非常にスピーディーで、とりあえず「どれくらいなのか?」という目安を得ることができます。
  • このように様々な業者に簡易査定を依頼し、結果を踏まえふるいにかけるとよいかもしれませんね。
  •  
  • ■訪問査定は感触も確かめる場でもある

  • もう1つの訪問査定は、実際に物件を見て査定を行うため、非常に精度が高い査定額になります。
  • しかし、注意したいのは、査定額だけではなく、不動産業者の雰囲気、担当者の雰囲気にも目を配らせておきたいところ。
  •  
  • ここで得た感触を元に比較作業を行っていくと、かなり効率的に作業が進むかと思います。